バリエーションが豊富になってきている最近の傾向

一口に言っても、ハンドプレス機に見られる最近の傾向としてはやはり、ネット社会での著しく発達をしたコンピューター環境の普及化が大きな役割を果たしているものと考えられます。事実、そのおかげで高性能な設計専用ソフトやアプリ、3Dプリンターとかも開発をされて、そのおかげで正確な設計で作られたプレス機製品とかも開発・製作などをされたりしていますので、それにより大変良質でありつつ、低価格で購入が可能な製品が市場へ出されたりしています。また、中には3Dプリンターでありつつ、ある程度の高額な値段相場であるものの、大変高性能なプレス機能が装着をされたりしているものとかも開発をされたりしています。一般庶民レベルでは高額で購入し辛いような面もありますが、それでもこれ1台のみを所有しているだけで、かなりな高度で思い通りのプレス作業の工程をこなしたりしていけますので、とてもありがたいところがあります。圧縮面での圧力のレベルも、成形工程面において調節が出来るようになっているシステムの設置もしてあったりしますので、そうした面でも今から何十年か前の開発技術に比べたりしてみると、大変大きな進歩です。このように大きな開発面での進歩は見られたりはするものの、法的にはグレーな製品などもあったりしますので、そうした法整備の面での課題もあったりします。

現在注目をされている機械類のタイプ

特に現在、注目をされているハンドプレス機のタイプとしては、持ち運びが便利であるコンパクト仕様の製作構造になっているものであり、かつ、パソコンやモバイル端末などとのUSB連結などをしたりした上で、高性能な設定をしながら設計・プレス作業が可能なものが存在しています。形そのものはハンドプレス機の一種にはなりますが、それだけでは無くて町工場にある機械類に匹敵する程の性能を有しており、その分、値段などもそれなりの高価な相場がしますが、成形作業の面では本当に何も言う事はありません。それでも有していさえすれば、かなりな圧縮調節での細かさのある圧力プレス作業をしていけるところがありますので、決して無視出来ない存在です。

これからはコンピューターとの連携の時代

確かに便利なプレス機械類ですが、これからはパソコンやモバイル端末などをはじめとする、いわゆるコンピューターとの連携が重視をされていく時代になる傾向が、どうもある感じがします。もちろん、そのコンピューター本体との連携を前提として、その本体からの操作で効率よく圧力調整をしながら圧縮面での度合いを計りながら、成形作業をしていくという形ですので、大変楽な操作環境である設定がなされていく事は間違いがありません。なるだけ楽なプレス作業をしたい方への層を取り込んでいこうという開発者・メーカーによる思惑が確かにありますので、これからも注目の余地が確かにあります。

お電話受付時間は、平日の9時~17時までとなっております。ご連絡お待ちしております。 小型、薄型ロードセルはあらゆる作業環境に対応します。 ロードセル+測定器+ハンドプレス機(型式:CMH-003):定価¥365,000 からとなっております。 全国各地、どこからでもロードセルをお探しなら、弊社にお問い合わせくださいませ。 製品に関するご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。 プレス機やロードセル機の販売なら富士コントロールズへお任せ